労働契約


労働契約は全日制労働契約の場合は労働関係発生(=就労開始)から1ヶ月以内に必要事項を網羅し、書面にて雇用者、労働者で取り交わさなくてはなりません。 ・署名:雇用者は代表者(総経理または董事長、法人代表)が自著署名のうえ公印を押印し、労
タグ:
いいね 0
コメント 0
閲覧数 573
2016年05月27日
労働契約法では労働契約に盛り込まなくてはならない法定約定事項が定められています。 ①労働契約の期限 ②業務内容及び勤務場所 ③労働時間及び休憩休暇 ④労働報酬 ⑤社会保険 ⑥労働保護、労働条件と職業上の危険予防 ⑦法律、法規が
いいね 0
コメント 0
閲覧数 947
2016年05月27日
弊社にて2013年1月30日に実施した労務派遣関連法規改正に関するセミナー時に実施した労働契約期間の設定調査結果は下記です。 >>中文ページ
タグ:
いいね 0
コメント 0
閲覧数 1,195
2016年05月27日
新入社員の入社時には労働契約の締結、社会保険手続き等、手続き期限が規定されている業務と、労力とコストをかけて採用した人材に良いスタートを切ってもらうと同時に万が一の労働契約解除を考慮した業務があります。 入社時の人事業務の留意点 ① 労
タグ:
いいね 0
コメント 0
閲覧数 612
2016年05月27日
労働関係の執行“地点”の基準は下記のように多様です。 A:雇用単位登録地 B:労働契約履行地 C:社会保険納付地 D:労働報酬支払地 本来、A~Dは同一であることが望ましいものの、社会保険制度の未整備な中での ・地域間異動の活性化 ・
いいね 0
コメント 0
閲覧数 571
2016年05月27日
試用期間は労働契約法で労働契約期間ごとに最長期間が定められていますが、同時に試用期間中の賃金は労働契約約定賃金の80%以上と定められています CoChi調査では試用期間の賃金を調整していない企業(100%支給)が48%という回答です。
いいね 0
コメント 0
閲覧数 600
2016年05月27日
試用期間に関しては労働契約法に規定が定められています。下記は留意点です。 労働契約:試用期間を含め、労働契約を締結する事。 社会保険:試用期間も加入義務あり。 期間:労働契約年数に応じた試用期間の設定。(第19条) 雇用
いいね 0
コメント 0
閲覧数 1,048
2016年05月27日
労働契約制度の改善と企業の労働者使用の規範化促進のためとし、人事部より《〈中華人民共和国労働契約法〉貫徹実施に関わる若干意見》が起草され、意見公募稿が公開されています。労働契約法の解釈及び運用に関して課題となっている事項が検討されていますが
いいね 0
コメント 0
閲覧数 634
2016年05月27日
労働契約履行中の契約約定内容(勤務地、職務、報酬等)の変更は雇用者意向による契約内容の変更にあたり、労働者が同意しない場合は旧契約内容の継続または、雇用者提起による労働契約の協議解除となります。労働契約の協議解除時には経済補償金の支払い義務
タグ:
いいね 0
コメント 0
閲覧数 1,006
2016年05月27日
固定期間労働契約の更新は1回のみです。2回目更新時(=3回目の労働契約)は無固定期間労働契約の締結義務があります。 現行労働契約 次回契約 種別 ①勤続10年以上 ②有期契約3回
いいね 0
コメント 0
閲覧数 635
2016年05月27日
ツールバーへスキップ