HR Library


30日前までに辞表を提出しなかった従業員は違約金を支払う必要があるか? □案件紹介 葉さんは2014年5月に広告会社に事務員として入社し、給与は月5000元でした。双方が締結した「労働契約」中に「従業員が辞職する場合、30日前までに書
いいね 0
コメント 0
閲覧数 43
2018年10月26日
2019年1月1日から施行される個人所得税法改定の目的は“改革発展の成果をより多く、より公平に国民に享受させるため”とされています。基礎控除額の引上げによる税負担軽減のほか、特別控除項目(下図E)として子女教育、継続教育、大病医療費、住宅貸
タグ:
いいね 0
コメント 0
閲覧数 164
2018年10月24日
労働報酬 労働契約約定賃金がネット賃金の場合 労働契約約定賃金がグロス賃金の場合 1.月次固定給与 特別控除項目(前項図E)が変動した場合、支給賃金を約定賃金額に固定できない可能性、約定賃金額を下回る可能性もある
いいね 0
コメント 0
閲覧数 136
2018年10月24日
Question: 背景 ●社員が肺結核にかかり、傷病休暇申請単を提出しています。 ●医療期間:3ヶ月 ●会社の就業規則により、肺結核等の感染症に罹患した場合、会社により本人に職場に来ることを禁止しているため、罹患中に、
いいね 0
コメント 0
閲覧数 83
2018年09月28日
Question: (事件概要) 会社の社員が交通事故を起こし、被害者が死亡しました。 該当社員は拘留が解かれ、出社していますが、判決を待ちその結果により処分を行います。 有罪の場合、社員規則により解雇せざるを得ません。
いいね 0
コメント 0
閲覧数 48
2018年09月28日
企業が高温手当を規定どおりに支払わない場合、労働者は何年前まで遡って要求できるか? □案件紹介 孫さんは元々上海の某社従業員でした。会社は毎年5月から9月の期間に毎月100元の高温手当を支給していました。孫さんはこの会社で2014年
いいね 0
コメント 0
閲覧数 50
2018年09月20日
Question: Q1:日本親会社Aが駐在員を上海分公司Bから関連新会社Ⅽに移籍する場合、就業許可証の変更手続きが必要ですか。 Q2:以降、日本親会社が関連新会社Ⅽに駐在員を直接新規派遣する場合、どのような手続きが必要
いいね 0
コメント 0
閲覧数 66
2018年09月14日
Question: 会社は社員を1名新採用し、1か月前に当人が入社通知書にサインをしました。しかし、入社直前に急に入社できないと連絡してきました。会社として下記2点を確認したいと思っています。 ①このような状況の場合、賠償責
いいね 0
コメント 0
閲覧数 58
2018年09月14日
Question: Q1:常熟の従業員は徴兵検査に合格し、徴兵に応じるように要求されました。労働契約などはどのように処理しますか。 Q2:徴兵期間は会社の勤務年数に算入しますか? Answer: A1:労働契約は中止
いいね 0
コメント 0
閲覧数 68
2018年09月14日
Question: どのような教育研修に「服務期間協議書」の締結が必要ですか? Answer: ①海外研修:海外本社で行われる技術、管理に関する研修です。「服務期間協議書」を締結する際に、研修による交通費、住宅費等を予算コ
いいね 0
コメント 0
閲覧数 89
2018年09月14日
ツールバーへスキップ