労務契約労働契約には含まれない民事契約で、基本的には労働関連法規の範囲外の契約です。
労働契約を締結した場合、雇用者は社会保険への加入義務があります。つまり、社会保険へ加入できない状況にある場合は労働契約の締結はできません。
労務契約は、社会保険加入資格の無い人員から労働の提供を受け、労務費を支払う場合の民事契約です。

対象
・学生の実習(インターンシップ)
協保人員(国営企業等の早期退職者で社会保険関係のみ旧雇用主が提供している場合)
協保人員の採用
定年退職者(養老保険受給開始者)

報酬額
最低賃金を下回ってはならない。

労働時間、契約期間、契約解除条件等
・労働関連法規には規制されない。

所得税
・一般所得税率が適用され、基礎控除800元、税率20%
・最近、一般労働者と勤務形態で賃金支給制度が同様の場合は、就労所得税を適用できる地域
もあります。(上海等)

NAVI
労務契約は依拠法規が無いため、個別の労務契約で詳細を約定する必要があります。
社会保険に加入できいため、労災保険に代わる雇用者責任保険等の加入をお勧めします。

>>中文ページ