中国では、主として国営企業がリストラを実施する場合に、社会保険関係のみを定年退職年齢まで保障し、労働関係を解除する場合があり、“協保人員”と呼ばれます
協保人員は労働手帳に明記されています。一般的に1回性の納付(養老、医療、失業)から退職までの押印署名がある場合まであります。
この人員の雇用の場合、特殊雇用としての登録したうえで、特殊労働関係を締結することができます。

正常労働法規に基づいて処理する必要がある項目は下記です。
・勤務時間
残業代
・労働保護
・特定対象に属する労災待遇
(実際の雇用単位は労災申請及び差額補償の責任を負い、労災納付費用の比率変動部分を負担する)
最低賃金

>>中文ページ