企業が労働者を直接雇用する場合の労働契約期間には制限はなく、短期労働契約の締結を阻害するものではありません。ただし、実務上は、短期労働契約に応じる労働者の募集は非常に困難です。
人材紹介会社では、一般的に短期雇用の場合の人材紹介は実施していません。
また、労務派遣は臨時性(6ヵ月以内)の職務に対する労務派遣は可能ですが、派遣会社と派遣労働者じの雇用契約は最短2年と定められていることから、短期派遣には積極的ではありません。大手派遣会社では、半年から1年の期間で労務派遣を実施するサービスがありますが、派遣管理費が高く設定されています。
インターンシップ(学生の実習)を活用するケースも少なくありません。

>>中文ページ