7月に大学を卒業する新卒生の入職手続き(入社手続き)が始まります。新卒生の入職は、戸籍所在地により入職手続きが異なるので注意が必要です。

外地出身者の場合は大学卒業時は戸籍取得の重要な機会であり、上海等の大都市では修士以上の学歴でかつ大手国営企業や外資系著名企業の内定通知をもって戸籍を申請することが可能ですが、戸籍取得は難関です。
一般の学生は<居住証>(外来人員のための公的サービス享受可能な証明)を取得します。
居住証制度概要:https://www.cochicon.com/kisochishiki4_jinjikanri_hoka/kyojyushouseido.html

これらの手続きは在学中から本人が大学経由で申請することになります。なお上海では2010年より居住証を取得していない場合も医療保険カードを申請し一定の公的サービス享受をすることが可能です。

2-1-2-2_0
【非上海戸籍の学生】
居住証申請のための必要な手続き
・在学中に大学の就職機関部門で≪高等学校卒業生進沪就業通知単≫(略称:通知単)の申請手続きを行う。
入社後、(通知単)を取得し≪就業報到証≫を申請する。
②医保カード申請
・就労先企業の初月の社会保険納付翌月15日以降に個人が医保中心に出向いて手続きする。

上海戸籍の学生】
③就業失業登記証(旧労働手帳)の手続き
・本人が戸籍所在地の街道(町内会)にて手続きを行う。
④社保カード申請
・居住している街道(町内会)の社会保障カードサービスエリアにて必要書類を申請する。

NAVI  
中国の大都市では、一定の条件を満たさない人材の戸籍取得を厳しく制限しています。人材の条件は、高学歴・海外留学経験・一定の投資実績であり、特に大学新卒では、本科以上の学歴が基準となります。中国の熱心な学歴取得熱もこうしたことが背景にあります。

>>中文ページ