中国の雇用形態は大きく直接雇用間接雇用に分類されます。
2008年施行の労働契約法では、中国における主たる雇用契約は就労先企業と労働契約を締結した直接雇用であると明記されています。
外国企業常駐代表機構(駐在員事務所、代表処)等は直接雇用権はありません。

1.1_0

NAVI
労務契約
直接雇用間接雇用以外に、養老年金受給者(法定定年後の人員)、学生、国営企業等に労働関係を残したまま人員整理された人員(下崗工員)等の労働契約締結権が無い人員の使用の場合、労務契約にもとづく人員使用があります。労務契約労働契約法の適用範囲外の契約です。

>>中文ページ