1.1.2.3_0

NAVI
中国の外資系企業では、外資系企業の進出初期には直接雇用権が認められておらず、全職員が労務派遣社員であった歴史から、日本国内で一般的な「正社員」と「派遣社員」を区別する概念は薄く、一般的には管理の利便性の観点から労務派遣を利用している企業が少なくありませんでした。
労務派遣に関する法整備が進んだ現在、社員のモチベーション向上の観点からも、職位、職種ごとに多様な雇用形態直接雇用労務派遣業務委託等)を活用する事が新しい人事施策の一つと思われます。

>>中文ページ