中国の労務派遣労働者の比率は労働者総数の13.1%(2013年)であり、第3次産業での利用が最も多いのが現状です。本年の労務派遣関連法規の改正により、サービス・販売に関わる従業員の新たな雇用形態として業務委託に注目が集まっています。
下記は業務委託直接雇用労務派遣の比較です。

 

直接雇用 労務派遣 業務委託
自社管理 人事事務

アウトソーシング

従来型派遣 短期派遣 人材会社 専門請負会社
人材の意識 勤務先への帰属意識、ロイヤリティーは高い。 企業の解雇リスク回避索と認識 短期雇用と認識 企業の解雇リスク回避索と認識 勤務先へのロイヤリティー低
雇用の柔軟性
使用・契約期間 期間:自由設定

2回目更新以降無期限雇用

期間:2年以上

更新回数制限なし

上海市見解)

3~6ヶ月以上 規定なし(請負会社の雇用設定)
雇用リスク 企業人事管理業務精度次第
雇用コスト 従業員報酬
労務リスクコスト

人事部コスト

従業員報酬

リスク費-実費

管理費

従業員報酬

リスク費-実費

管理費

従業員報酬
リスク費-割増し

管理費

従業員報酬

リスク費-実費

管理費

不透明
コンプライアンス 企業人事管理業務精度次第 不透明
広域対応 シェアードサービス等の体制構築検討要 広域拠点の一元管理可能

*広域人事管理の標準化
*ボリュームメリットの享受

全土統轄サービス不在
その他 女性3期、医療期間への対応可 業務管理、業績管理の包括委託

 

 

1.1.3_0