流動性が高く、募集、管理が容易でない製造業の現場作業員雇用は、多くの企業が労務派遣会社(労務公司)からの労務派遣を活用してきました。
労務派遣暫定規定》の施行により、現場作業員も労務派遣利用は総従業員の10%以下と規定されたことから、業務委託への移行企業が増加しています。
業務委託に関わる法整備は過渡期であり、現在のところ、雇用責任(人事管理、労災責任、傷病休暇中の補償)等を雇用主が負っているか否かが労務派遣業務委託の基本的区別とされています。
今後は日本同様、業務指示・命令権の所在によって(業務委託労働者への、使用企業による直接指示・命令は不可とする)偽装請負を抑止する方向にすすむと考えられます。

1.1.3.1_0

>>中文ページ