日本の小売り、流通、サービス等の業種の海外進出が盛んになり、中国においても最も進出企業が多い分野となっています。日系企業の海外事業を支援する政府機関であるJETRO(日本貿易振興機構)にもサービス産業課が発足し、中国においても日系企業の進出・展開支援を開始しています。
現在の中国におけるサービス産業の展開では、人事面では販売・サービススタッフの確保、従業員の流動性への対応(雇用側の規模の変動、従業員の低い定着率)が課題となっています。従来の雇用インフラである労務派遣の規制強化に伴い、販売業務委託の活用が進んでいます。
下記は販売業務における労務派遣業務委託の場合のベンダー、企業の一般的な業務分担です。
1.1.3.2_0

>>中文ページ