下図は2012年から2015年までの各地の社会平均賃金の推移です。
地域ごとの経済発展状況に応じ、上昇率に格差は有りますが、総じて右肩あがりの賃金上昇が続いています。
社会平均賃金:当該年度の報酬(給与+賞与手当て+社会保険個人負担分+所得税)総額
通常は12分し、月次賃金額で表示

地域 2012年 上昇率 2013年 上昇率 2014年 上昇率 2015年 上昇率
上海 4,692 8.3% 5,036 7.3% 5,451 8.2% 5,939 9.0%
北京 5,223 11.8% 5,793 10.9% 6,463 11.6% 7,086 9.3%
広州 5,313 10.9% 5,808 9.3% 6,187 6.5% 6,764 9.3%
深セン 4,918 7.0% 5,218 6.1% 6,054 16.0% 6,753 11.5%
天津 3,872 10.0% 4,260 10.0% 4,686 10.0% 4,944 5.5%
大連 4,568 10.2% 4,922 7.7% 5,301 7.7% 5,783 9.1%
青島 3,117 14.2% 3,557 14.1% 4,038 13.5% 4,476 10.8%
南京 5,034 10.4% 5,532 9.9% 6,068 9.7% 6,756 11.3%
蘇州 4,802 11.5% 5,118 6.6% 5,580 9.0% 6,025 8.0%
杭州 3,341 12.2% 3,709 11.0% 4,031 8.7% 4,310 6.9%
寧波 3,609 13.5% 4,077 13.0% 4,479 9.9% 4,796 7.1%
成都 3,185 12.4% 3,970 24.7% 4,307 8.5% 4,790 11.2%
重慶 3,783 13.4% 4,252 12.4% 4,738 11.4% 5,175 9.2%

1.2.1_0

>>中文ページ