募集チャネル 適する職種・職位 留意点 コスト
日系人材紹介会社 日系 ・日本語人材、日本人募集には効率的
・日系企業経験者の登録が豊富
・日本語での採用活動が可能
・大手はグローバル採用に対応可能
採用担当者、紹介担当者、応募者の関係が緊密なケースがあり留意を要する。 ・成功報酬型
採用者のグロス年収の15~30%
・最低紹介料を設定する会社が多い
・報酬が高いレンジほど課金料率が上がる
非日系 職種に特化した紹介会社は専門性の高い人材募集に強みあり 紹介会社は玉石混交
リクルートWEBサイト 日系 日本語、日系企業経験者の登録は新卒レベルから経験者、在日人材、日本人まで幅広い 採用条件交渉の支援なし。中国での採用知識がない場合は要注意。 ・無料サイトが独占状況
非日系 サービススタッフ、販売員、アシスタント層の応募者が多い SNS等での対応を要する場合が多く、中国人採用担当者が不在の場合の利用は困難。 価格設定はポジション毎の前金が大半。1,000元~2,000元/ポジションが標準。
ヘッド

バンティング

国営、民営、欧米系企業在職の高級管理職層/業界人脈を要する職種/特殊技術者 採用側の採用方針、ターゲットの確定が必要。 ・着手時、履歴書提供時、面接設定時、成約時等の料金制度
・年俸の30%以上
キャンパス

リクルーティング

理工系人材、優秀大学新卒の大量採用には有効 7月採用に向け、1年がかりの計画策定、実施要。 人材紹介会社等のサービスあり。一定のコストを要する。
インターンシップ 職業専門学校 ・工員、販売員等の大量採用 学校との関係構築要。 最低賃金支給要。社保等不要。
大学、短大 ・少数の新卒採用 インターンシップ専用サイト利用、社員の出身校との人脈利用により複数人から選択 募集目的のインターンシップの場合も手当支給が一般的。採用時コストはなし。
開発区/

地域の労働局

工員、製造業スタッフ層 経験者の意見聴取のうえ実施が無難 一般的にコストなし
人材市場(職安) 工員、製造業スタッフ層、販売員、サービススタッフ 外地人材が多く定着に留意を要する 募集費用(安価)
人脈 関係企業 業界人脈・経験を擁する場合に有効 紹介者との癒着に留意要。非日系では多用される採用手段。 紹介者との関係、状況次第
社員 特定なし 奨励金を出す場合あり

>>中文ページ