上海市では《本市悪天候時の休校・休業手配実施意見》(2014年1月8日発布)にて、台風、豪雨、大雪、道路凍結等の悪天候時、予測リスク程度に応じて1級(赤色)、2級(橙色)、3級(黄色)4級(青色)の警報を発令することになっています。
【赤色警報発令時の留意点】
雇用企業は臨時業務停止措置を取ることができる。
遅刻・欠勤・減給等の措置を取ってはならない。
・臨時休業に際し、法定休暇を使用させること、休息日に代替え出勤の措置を取ることは禁止。
2.8.3.1_0

NAVI
上海市では2013年に台風赤色警報が発令されましたが、休業にすべきという市政府の明確な指導がない中、多くの経営者が休業の判断に戸惑いました。
大事故が続き、経営者の業務上の安全確保義務が強化されている現状、気象警報への対応は以前にもまして、安全確保を重視した措置を取るべきと思われます。
また、1月19日より労災保険条例改定に関する意見公募が始まっていますが、通勤途上の交通事故が労災となることが強調されている点も、気象警報への対応に留意すべき要因です。
*参考 台風警報

 

>>中文ページ