社会主義の中国では、日本語の労使関係にあたる労働者と使用者(経営者)の関係は労働関係と言われます。
労働者の権利保護のため、下記①~③の労使協議制度の確立が指導されています。
 ①従業員代表大会(または従業員大会)制度の制定
 ②工会労働組合)の設立
 ③集団契約の締結
①~③とも地域の労働組合工会)管理組織(総工会)が指導主体です。

>>中文ページ