上海
上海市工会の『若干意見』では、基層工会の経費管理に関する一連の問題に対する詳細な回答と規範を発表しています。(2014年12月)
経費の使途は奨励、補助、慰問に分類され、金額基準、支給規範、支給対象等を規定しています。

【奨励】学習(自習)、文芸公演活動、体育競技等を奨励し経費使用対象とする。
    当該活動に対する食事補助、夜食費も奨励費用とみなす。
    優秀工会幹部と積極分子(組合活動に積極的な人員)の選評表彰。
【慰労】従業員全員に対する祝日慰労品(春節祝い、中秋節贈答品、誕生日祝い 等)
【補助】困難に直面している会員個人、困難家庭への補助
工会経費が主に慰労の名目で従業員福利に拠出されている実態から、慰労費用の用途に詳細が規定されています。

祝祭日のプレゼント
・総金額は工会経費の当年自己保留(総経費の40%を上納後の60%)の20%以内
・一人当たり平均400元を超えない。
・物品の支給であること(現金支給は不可)。
工会会員全員を対象とすること。

誕生日ケーキのプレゼント
工会は原則として誕生日ケーキを購入しプレゼントしなくてはならない。
・特殊な状況であれば、同価値のケーキ引換券を支給することも可。
・標準的に平均250元を超えない。

映画鑑賞
・会員全員が同様の映画を鑑賞するよう手配すること。
・会員の業務の特殊性、時間調整の困難等により、同じ映画を鑑賞できない場合、同価値の映鑑
 賞券を支給する事は可。

NAVI
工会経費(労働組合費)は総人件費の2%とされており、経営にとって負荷の軽くない経費です。今回の通知は、工会設立企業の増加とともに、肥大化する経費の乱用を防止するためのものと思われます。
工会経費は選挙により選出された財務担当委員が担当し、経営は報告を受ける事が可能とされています。

NAVI
中国では福利厚生項目の中で、社員旅行の人気は相変わらず高く、年々派手になり、海外旅行も珍しくない状況です。社員旅行経費を工会経費から補填するケースもみられますが、『若干意見』では、「工会が会費を使用しピクニックや社員旅行等の集団活動を手配する場合は、一般的に日帰りとする」とされています。

>>中文ページ