従業員代表大会制度は憲法、会社法、「全民所有制工業企業職工代表大会条例」等に定められる、職場従業員の意見収集の場であり、外資系企業を含む一般企業に対しては、地域ごとに「従業員代表大会条例」が施行され、企業は従業員代表大会制度を制定する義務があるとされています。
未制定の場合、行政指導に応じなければならないとされていますが、具体的な罰則規定は明示されていません。

多くの地方条例で定めれている概要;
決議事項:従業員の身近な権益に関わる規定の制定、重大事項
構成人員:従業員100名以下の場合は全員参加の従業員大会
     従業員100名以上の場合は30人以上の従業員代表による従業員代表大会
開催回数:年2回。必要に応じて臨時大会を開催する。
企業義務:     

従業員代表大会制度の構築主体としての企業は従業員代表大会制度の構築と秩序ある運営に必
 要なサポートと保障を提供しなければならない
・健全な従業員代表大会制度の構築を企業の管理制度に組み込まなくてはならない
労働組合と協議して従業員代表大会の実施方法を制定しなければならない
・従業員の身近な権益に関わる規定の制定、重大事項に関わる報告を従業員代表大会に報告し、
 従業員代表大会による審議を受けなければならない
従業員代表大会の審議を通過した事項のプランまたは草案を労働組合と協議して制定しなけれ
 ばならない。
従業員代表大会の意見と提案を尊重し、企業の関係部門に対して従業員代表大会の審議を通過
 した事項と決議の徹底を促さなければならない。
従業員代表大会制度の実施に人員・経費・物資等の保証をしなければならない。

>>中文ページ