社会保険法 2011年7月1日施行)

●徴収機構
雇用単位が社会保険費用を期限内に納付しない場合は、社会保険料徴収機構が徴収責任を持つ。

●強制徴収
社会保険料徴収機構は法人口座差し押さえ、担保差し押さえ等の措置を取れる。

●滞納金、罰金
保険料徴収機構の設定する納付・補充期限の遅滞納付の場合、滞納金は0.05%/日とする。また、
行政指導に応じない場合は1~3倍の罰金を課す。

雇用単位の義務
個人負担分は雇用単位に代納義務があり、月次納付状況を職員に開示しなければならない。

●納付額申請遅延
社会保険料の規定期日内の申請が無い場合は、前月納付額の110%を該当月の社会保険料と定め
る。補充申請手続きの後、社会保険料徴収機構により規定に従い清算を行う。

社会保険口座登記
法人設立30日以内に社会保険口座開設手続きを行わなくてはならない。遅延の場合は保険料の1
~3倍の罰金。責任者は500元以上、3000元未満の罰金。

社会保険加入手続き
・社員を採用した後、30日以内に社会保険加入手続きをしなくてはならない。申請が無い場合は、
保険料は社会保険機構にて確定される。
・個人事業主、非全日制就労者、フリーター等は社会保険加入手続きをしなくてはならない。
・政府は、全国統一社会保障番号制度が設立する。社会保障番号を公民の身分番号とする。

>>中文ページ