中国では下記の3種の平均賃金が公的指標として取り扱われます。

個人平均賃金
・前年度年間総報酬(手当賞与等を含む)を12で除した額
・グロス賃金社会保険住宅積立個人負担分、個人所得税を含む)
・翌年の個人社会保険基数となる(上限、下限設定あり)

会社平均賃金
・個人平均賃金より会社総従業員平均を算出。
・出産休暇中の生育生活補填は会社平均賃金

社会平均賃金
・地域毎に会社平均賃金を収集の上、社会平均賃金を公表
・地域ごとの社会保険基数の上限、下限の基となる
下限=社会平均賃金×60%
上限=社会平均賃金×300%

>>中文ページ