Question:
海外の勤務年数は勤続年数に考えられますか。

Answer:
海外勤務年数が勤続年数に算入されるかどうかは、法律では明確にされておらず、会社の規定により執行されます。よって、海外の職歴を認めなくても違法とは言えません。しかし、人道的な観点から正式な海外の職歴(関連証明を提供できる)を認め、当該勤務年数を勤続年数として考え、有給年次休暇を付与することをお薦めします。