2019年1月1日から施行される個人所得税法改定の目的は“改革発展の成果をより多く、より公平に国民に享受させるため”とされています。基礎控除額の引上げによる税負担軽減のほか、特別控除項目(下図E)として子女教育、継続教育、大病医療費、住宅貸
会員様のログインはこちらをクリックしてください