Question:
去年、一名の身障者を採用し、今年も身障者就業保障金が減免されています。
当該従業員のおかげで、会社のコストが減っているのですが、当該従業員が「以前の会社で、身障者就業保障金が減免されたために特別に賞与をもらっていた」と主張しました。
他社ではどう扱われているのでしょうか?賞与を支給するとした場合、その幅はどのくらいでしょうか。?

Answer:
身障者の採用について、一般的には二つの状況があります。
①実際に身障者を採用し、給与を正常に支給します。普通の従業員と同じ対応です。
②身障者は名義のみの在籍で、出勤を要求せず、身障者証明書で保障金の減免を受けます。毎月最低賃金を支給し、社保も納付するため相互にメリットがあります。
身障者に特別な賞与を支給するというケースをきいたことはありません。
会社が判断して決定することができます。