賃金の高止まり状況が続き、長期就労傾向が顕著となるなか、業績に応じて変動可能な賞与の算定が望まれます。欧米系企業では、変動給(≒賞与)の年収に占める比率は日系企業と比較して大きく、特に上位職層ほど、変動給与比率が高くなっています。

CoChi Data:賞与査定、算定方法
2.5.5.2_0

NAVI
調査結果では年2回賞与支給の企業は日本本社同様、夏季賞与、冬季賞与の支給のように見られますが、中国の会計年度では1月~12月であり、日本で一般的な4月~3月と一致しないため、日本で一般的な上期業績に対する賞与を冬季賞与、下期業績に対する賞与を夏季賞与として分配することが不適合な場合も少なくありません。中国の習慣にならい、春節前に一定額を支給し、12月決算の締めが終了した段階で2回目賞与で業績評価を調整支給する等、業績を賞与に反映するための企業ごとの運用が見られます。
NAVI
労働契約には報酬として賞与の支給に関しても約定することが必要です。固定賞与を保障した労働契約の場合以外は、業績に応じて支給する旨を明確に規定する必要があります。
近年、年収総額で内定を出すケースが増加していますが、労働契約の報酬の約定時には、従業員への十分な説明と明確な書面による約定が必要と思われます。

>>中文ページ