日中間には租税条約が締結されており、基本的に相手国の納税状況調査が可能です。滞在日数、職位によって納税国、対象報酬が規定されています。

2.5.8.1_0

NAVI
地域により詳細規定は異なりますが、外国人所得税課税対象額には、非金銭支給(=現物支給)、実費精算の場合、合理的な範囲で下記を含まないことが可とされています。
住宅手当 ・食事手当 ・洗濯代 ・出張手当(国内外) ・一時帰国費用 ・引っ越し費用
・子女教育費用 ・語学研修等費用
地域により、証明を添え、免税申告が必要な場合があります。

NAVI
全世界課税(中国国外源泉の所得も中国納税とする制度)の適用基準は穏便な制度移行の為に現行規定を継承するとされています。
(連続5年間納税を継続したのちの6年目以降を全世界所得を課税対象額とする。一納税期間に連続して30日間、中国国外に滞在した場合は連続年数をリセットする。)

NAVI
外国籍人員も上記控除は利用可です。ただし、現在外国人は非課税費用計上が認められている費用(住宅賃貸料、語学教育費用等)は費用計上するか、所得からの控除申告をするか何れか一方を選択することになります。

>>中文ページ