労働契約制度の改善と企業の労働者使用の規範化促進のためとし、人事部より《〈中華人民共和国労働契約法〉貫徹実施に関わる若干意見》が起草され、意見公募稿が公開されています。労働契約法の解釈及び運用に関して課題となっている事項が検討されていますが、現在の労働契約法運用に関わる課題とその方向性が挙げられています。

2.2.1_0

2.2.1_1

2.2.1_2

2.2.1_3

2.2.1_4

2.2.1_5

2.2.1_6

2.2.1_7

NAVI
その他、
・業績下位、業績上位でないことを理由とした労働契約解除は不可とする。
・労働契約満了は満了日の24時をもって満了とする。
雇用企業の移転の場合、適正な処置(例:通勤バスの手配、業務開始時間の変更等)の実施により、
 労働者に損失を及ぼさない場合、移転を理由とした労働者側による労働契約解除の場合、経済補償金
 の支払い不要。
等の係争が多い事項に関して、規定化が議論されています。
意見公募稿の公募期間や今後の法制化の動きは明確にされておらず、詳細に規定する事の可否を含め議論されています。

>>中文ページ