試用期間労働契約法労働契約期間ごとに最長期間が定められていますが、同時に試用期間中の賃金労働契約約定賃金の80%以上と定められています
CoChi調査では試用期間賃金を調整していない企業(100%支給)が48%という回答です。

試用期間賃金労働契約法27条)
同一職位の最低賃金または労働契約に約定された賃金の80%を下回ってはならない。且つ雇用単位所在地の最低賃金を下回ってはならない。

2.2.3.1_0

NAVI
試用期間賃金労働契約書に規定することが必要です。個別には試用期間賃金を別途設定しない(減額しない)場合も就業規則には80%で運用することを記載し、不適用の場合があることを記載しておくべきと思われます。

NAVI
労働契約期間を3年以上に設定した場合、試用期間が6ヶ月と長期にわたるため、試用期間は6ヶ月間とするが、試用期間中の賃金減額期間は3ヶ月とする等の運用が多く見られます。この場合は労働契約書に記載が必要です。
就業規則には試用期間中の業績次第で、試用期間を短縮することがある旨の記載も必要となります。

>>中文ページ