法定休暇と企業裁量で設定される法定休暇ならびに公休があります。
法定休暇
休息日/法定祝日/法定有給休暇/法定医療休暇/結婚休暇/生育休暇/忌引き休暇/親族訪問休暇/代休
*現在までは親族訪問休暇は法規上は法定休暇として存在していますが、外資系企業における運用は
ほぼありません。
●公休
労働組合活動、党活動に関わる休暇は公休とみなされ、申請があった場合は有給休暇使用や欠勤扱いを強制することはできません。
法定休暇
比較的設定の多い法定休暇法定年次有給休暇/法定外有給医療休暇/夏期休暇/私用休暇

年次有給休暇には法定有給休暇とその他の企業独自で設定する休暇が含まれる。
夏期休暇法定有給休暇は非法定
結婚休暇、忌引き休暇、出産育児休暇は国家法規と併せて、地方ごとの条例に運用が定められる。
土日や国家休日が重なった場合の処理に関して詳細な規定がある。
当該事由に該当する場合、有給休暇の優先使用を強制することはできない。
企業が福利として法定外の慶弔休暇を付与している場合もある。
■代休は通常休日休息日)の出勤に対して付与するものであり、有給休暇に優先して使用させなくて
はならない。
私用休暇(“事休”)は許可を受けた休暇である点が欠勤とは異なる。
 
 
2018 華東地区日系企業 人事管理実態一斉調査」(上海:237社、2017年12月実施、長江デルタ:149社、2018年2月実施)の調査分析です。
調査実施要領・サンプル属性の詳細は「調査実施要領・サンプル属性」をご参照ください。

 

 

>>中文ページ