Question:
日本の永住権を取得した中国籍の従業員について、以前は永住権番号を個人所得税の申請番号にしていましたが、パスポート番号を個人所得税の申請番号に変更しました。
従業員の納税完了照会、及び納税に影響がありますか?

Answer:
個人所得税申請番号をパスポート番号に変更した後でも、依然として納税時には4,800が起点となり、個人所得税納税に影響はありません。申請番号の変更に関して、事後、納税証明の発行について、原則として変更前24か月以内に発行を開始しなければなりません。但し、具体的には会社の税務管理員と協議しなければなりません。