Question:
天津で施行される「天津市婦女権益保障条例」に基づく、哺乳休暇の動向はどのようなものですか。

Answer:
哺乳休暇の動向について、外資、民営企業では客観的状況が無い場合は一般的に付与しません。
国営、公務員の中には、本人申請の場合、承認されるケースが多いようです。
一人に対して哺乳休暇を許可した場合、その後ほかの女性社員からも同様な要求をされる場合が多く、企業側は各方面の要素をよく考慮し、慎重に対応する必要があります。