下記Dataは2016年報酬分析(中国報酬ネット、上海市対外服務有限公司)データから作成した企業形態別賃金です。(上海市、揚子江デルタ地域)
外資系企業の賃金は国営企業、民営企業の賃金よいずれの職位においても高く、民営企業の賃金水準が最も低いという状況です。
しかしながら、国営企業では福利厚生制度が手厚い、民営企業ではストックオプション等の多様な制度を運用する等、マネジメント手法が異なることを念頭におく必要があります。
日系企業の賃金水準は上位職では低く、専門職、一般職等の下位層では高く、社内公平性の高い制度が特徴です。
1.2.2_2016

中央値 外商独資 外商合資 民営 国有
高管 911,721 835,111 527,260 712,482
一般職 98,113 93,079 80,264 92,542
高管/一般職比率 9.3 9 6.6 7.7

 

>>中文ページ