① 現行の有効期間内の証書の有効性および「外国人居留証
試験期間中、有効期間内にある現行の「外国専家来華工作許可証」、「外国人就業許可証書」、「外国専家証」、「外国人就業証」は引き続き有効です。
ただし、外国人来華工作許可は、ビザおよび「外国人居留証」を代替することはできず、外国人はなおも規定に従いZビザまたはRビザを申請し、居留地の出入国管理機関にて「外国人居留証」の取得手続を行う必要があります。

 

② 試験期間中の新証書との交換
試験期間中、試験地区の企業及び外国人は、所在地の“兩証整合”政策に基づき自由意志で新証書に交換することができます、非試験地区の外国人中国就労許可の申請は、引き続き現行の国家規定に基づいて実施します。

 

③ 全国正式実施
2017年4月1日に、全国統一で『外国人工作許可通知』と『外国人工作許可証』を実施し、以降は従来の外国専門家中国就労許可や外国人就業許可は発行しません。

 

NAVI
情報によると、今後『外国人工作許可証』は外国人が中国で就労する上での合法的な証明であり、“1人1番号”で終生替わらず、これにより徐々に外交・公安・税関・税務・教育等の部門の相互連携を強化できるとのことです。政府は分類基準に基づいてB類、C類人材の就業人数が制限可能になります。特に、C類人材は国家の関連政策によってコントロールされることが想定されます。