少数民族、第一子に障がいがある場合 、一定の条件を満たした再婚等を除き、基本的に一組の夫婦は子供を1名しか持てないとし、政策推 進のため、違法の第二子の生育には多額の罰金を課すと同時に、法令遵守の場合の優遇策を設定して きました。
独生子女(一人っ子)政策(1979年から1980年代初頭にかけて公布、施行)
  一組の夫婦が一人しか子供を産んではならない。
②双独二胎政策へ改定(各地の地方政策を経て2011年より全国展開)
 夫婦ともに一人っ子(兄弟がいない)の場合は、第二子の出産、生育を合法とする。
③単独二胎政策へ改定(2013年12月28日決定公表、2014年より地方ごとに運用開始)
 夫婦どちらか一方が一人っ子の場合は第二子の出産、生育を合法とする。
独生子女政策撤廃(2015年10月29日公表、2016年から実施予定)
  全ての夫婦の第二子を合法とする。

>>中文ページ