CoChi Data:遅刻早退の最小単位

2-3-2_0

2-3-2_1

その他の規定
・3回/月以上で書面警告    ・2回以上で口頭注意
・事情により         ・目に余るようだったら罰則
・反省書を提出        ・有給休暇相殺
・評価に反映

NAVI
 遅刻早退の罰則として欠勤控除する場合には欠勤管理のため、遅刻早退をどのように時間管理するのか、あらかじめ規定しておくことが必要です。むやみな賃金控除は“約定賃金の不払い”とされるリスクがあります。また、中国においては大半の地域で企業は従業員に対して罰金を科す権利はなく(罰金は行政単位のみが徴収できる)、罰金徴収は違法措置です。
賞与は業績・評価に応じて査定されるものであり、遅刻早退実績を賞与に反映させ、賞与から相応額を控除することは企業の裁量範囲内です。

>>中文ページ