平均賃金


中国では下記の3種の平均賃金が公的指標として取り扱われます。 個人平均賃金 ・前年度年間総報酬(手当、賞与等を含む)を12で除した額 ・グロス賃金(社会保険・住宅積立個人負担分、個人所得税を含む) ・翌年の個人社会保険基数となる
タグ: ,
いいね 0
コメント 0
閲覧数 170
2016年05月30日
年1回の社会保険基数申請時に、個人の前年度平均賃金および企業平均賃金の申請がなされます。 前年度の平均賃金の統計、地域の平均賃金(“社平工資”=社会平均賃金)の確定により、2013年の社会保険基数の上限(前年度市平均賃金の300%)、下限
タグ: ,
いいね 0
コメント 0
閲覧数 157
2016年05月30日
“社会平均賃金(社平工資)”(全称:社会就労者平均賃金)とは前年度1年間(対象期間は地域によって異なる)の地域毎の就労者平均賃金(手取り給与+社会保険個人負担部分+住宅積立金個人負担部分+個人所得税+各種手当+賞与)であり、様々な社会保障や
いいね 0
コメント 0
閲覧数 260
2016年05月30日
地域 2010年 上昇率 2011年 上昇率 2012年 上昇率 2013年 上昇率 2014年 上昇率 2015年 上昇率 上海 3,896 9.3% 4,331 11.2% 4,6
いいね 0
コメント 0
閲覧数 269
2016年05月30日
社会平均賃金は社会保険基数の下限(社会平均賃金×60%)、上限(社会平均賃金×300%)として採用されるため、社会平均賃金の上昇は社会保険料の上昇にリンクし、雇用コストへ多大な影響があります。 【社会保険基数の変更の社会保険負担へのイ
いいね 0
コメント 0
閲覧数 155
2016年05月30日
ツールバーへスキップ