労働組合


規定制度の制定・改定時の民主プロセス 中国では労使協議の民主プロセスの3ステップは①告知 ②意見収集 ③公示 であると明示されています。 規定制度の制定・改訂の際の民主プロセスは; ①告知  :会社が起案、告知 ②意見収集:従業員の
いいね 0
コメント 0
閲覧数 183
2016年05月30日
集団契約は雇用企業と労働者(集団)との間で書面で取り交わす主に労働条件、使用者・労働者の権利義務に関して約定する契約で、同様の内容を定める個別労働契約(使用者⇔労働者個人)に優先される契約です。 2010年に、人力資源・社会保障部、中華全
いいね 0
コメント 0
閲覧数 189
2016年05月30日
中国の工会(労働組合)法(2005年改正)では、賃金収入を主要収入とする全ての労働者は工会(労働組合)に加入する権利を有し、いかなるものもこれを阻害してはならないとされています。中国社会の格差拡大是正のため、和諧社会(調和のとれた社会)の実
いいね 0
コメント 0
閲覧数 190
2016年05月30日
集団契約の“攻堅計画”では、賃金に関わる契約の締結指導が強化されています。集団契約の特定項目契約である賃金集団契約では下記の程度までの約定が一般的です。 ・経営状況に応じた報酬総額の調整率    経営が正常な場合の平均賃上げ率○%~○%
いいね 0
コメント 0
閲覧数 211
2016年05月30日
従業員からの集団契約締結要求がある場合、地域の労働行政部門からの指導がある場合、“締結しないリスク”と集団契約“締結のリスク”を慎重に検討する必要があります。 集団契約締結のリスクとして ・(約定事項が実施できない経営状況に陥った場合等
いいね 0
コメント 0
閲覧数 186
2016年05月30日
段階 主要事項 担当者 関連文書 準備段階 3-5人により構成される労働組合設立準備チームを立ち上げ 上部工会へ従業員労働組合に労働組合設立「申請書」を提出 企業労働組合 設立準備チーム 上部工
いいね 0
コメント 0
閲覧数 195
2016年05月30日
(2015年10月1日施行)概要【上海】 上海市では2015年6月18日に《上海市集団契約条例》修正案が正式決定され、2015年10月1日より施行されました。主要な修正点は下記です。 ① 賃金集団契約内容に関する条項の整備  賃金
いいね 0
コメント 0
閲覧数 184
2016年05月30日
・労働組合(工会)委員会は組合員大会或いは組合員代表大会の民主的選挙により選出すると  されています。候補をあらかじめ当選者枠より多く(人数規定なし)選定し、不適任者を選  出するという形式が良く採用されています。 ・組合員が200人
いいね 0
コメント 0
閲覧数 175
2016年05月30日
・工会委員、工会経費管理委員(財務委員)、女性代表を選出します。 ・企業規模と従業員或いは組合員数に基づき委員の定員が定められています。  組合員25人以下:組織者一人     200人以下:委員数3-7人    201-1000人
いいね 0
コメント 0
閲覧数 179
2016年05月30日
工会(労働組合)経費は企業が総人件費の2%を拠出し、組合員は月次報酬の0.5%を会費として納付するとされています。 基層工会(企業工会等)は工会経費の40%を直属の上部工会へ上納し、残りは各基層工会が管理するしくみとなっています。
いいね 0
コメント 0
閲覧数 186
2016年05月30日
ツールバーへスキップ