労働時間


Question: 現在会社の就業規則において毎週5日、毎日8時間勤務以外に、会社は食事時間と午前午後の休憩時間各10分を明確にしています。しかし、無錫で、某企業の無錫工場が、市人社局処から行政告訴され、休憩時間を適切に処理す
いいね 0
コメント 0
閲覧数 13
2017年04月19日
Question: 月36時間の残業代込みの労働契約を締結することができますか? Answer: 36時間残業代込みの労働契約を締結することはできません。これは法律に違反する約定ですので、無効となり、約定があったとし
いいね 0
コメント 0
閲覧数 126
2016年10月21日
Question: 会社では課長以上は管理職だと定めています。課長に対して不定時労働制を適用することはできますか? Answer: 「高級管理職」の不定時労働制申請は年々厳格になっております。例えば、長寧区労働局への直
いいね 0
コメント 0
閲覧数 122
2016年10月21日
中国の労働法および労働契約法では基本的な労働時間は、1日8時間、週40時間、7日に1日は休息日を付与することと定め、標準労働時間制と呼ばれています。 標準労働時間制に拘束されない労働時間設定を運用する場合は不定時労働時間制(≒裁量労働時間
タグ:
いいね 0
コメント 0
閲覧数 149
2016年05月27日
CoChi調査では、労働法の1日の最長労働時間として定められている8時間の運用以外に、7時間、7時間半の法人も少なからずあります。国営系企業では7時間~7時間半の設定が多く見られます。 CoChi Data:勤務時間
タグ:
いいね 0
コメント 0
閲覧数 150
2016年05月27日
CoChi Data:遅刻早退の最小単位 その他の規定 ・3回/月以上で書面警告    ・2回以上で口頭注意 ・事情により         ・目に余るようだったら罰則 ・反省書を提出        ・有給休
いいね 0
コメント 0
閲覧数 155
2016年05月27日
法規では標準労働制の場合の残業は月36時間以内とされており、残業手当の付与が規定されています。 残業手当の規定:労働法36条: 1日1時間、特殊な場合は3時間/日。36時間/月            44条: 割り増し賃金      
タグ: ,
いいね 0
コメント 0
閲覧数 214
2016年05月27日
休息日の残業は、代休を手配できない場合、通常勤務時の200%の残業手当を支給することと定められています。代休に関する規定、代休管理制度が必要です。 ●代休制度 休息日の残業に関わる代休を手配するためには、下記が留意点です。 1、休日使
タグ: ,
いいね 0
コメント 0
閲覧数 197
2016年05月27日
法定休日の時間外労働手当は『本人労働契約賃金÷21.75×300%』と規定されており、代休に替えることはできません。 時間外労働勤務手当計算に使用される21.75という数字は2008年1月より使用されている、月次報酬から日当を計算する際に
タグ: ,
いいね 3
コメント 0
閲覧数 206
2016年05月23日
不定時労働時間制(不定時工作制)は企業の業務が特殊であり、フレキシブルな就労時間設定を要し、標準労働時間制(1日の労働時間を固定する)制定が困難な場合、勤務時間を設定しない事を認可する制度です。人力資源社会保障行政部門の地域の出先機関に申請
いいね 0
コメント 0
閲覧数 207
2016年05月23日
ツールバーへスキップ