労働仲裁


2008年劳动合同法施行后,劳动者的权利意识急剧增强,劳动争议仲裁件数急增。 增加率在2010年达到最高,之后降低了,但有劳动者轻易就向劳动仲裁提起诉讼的倾向。 在日资企业,有过度回避劳动仲裁的倾向,但无法协商达成妥协的,则需要考虑灵活应用
いいね 0
コメント 0
閲覧数 46
2016年05月30日
条文宗旨 内容要点 申请劳动争议仲裁 ●劳动争议申请仲裁的时效期为1年。仲裁时效期从当事者知晓其权利受到侵害或应该知晓之日开始计算。 ●在劳动关系的存续期间内,因为延迟支付劳动报酬引发争议的,劳动者的仲裁申请不受前一项规定的仲
いいね 0
コメント 0
閲覧数 76
2016年05月30日
条文宗旨 内容要点 举证责任的一般原则 ●发生劳动争议时,当事人有对自己提出的主张提供证据的责任。与争议事项相关的证据由用人单位掌握、管理的,用人单位必须提供。用人单位不提供的,必须承担不利的后果。 ●法律没有具体的规定,不能
いいね 0
コメント 0
閲覧数 53
2016年05月30日
2008年の労働契約法施行後、労働者の権利意識が急激に旺盛になり、労働争議仲裁件数が急増しました。 2010年をピークに増加率は低減していますが、労働者は安易に労働仲裁に提訴する傾向があります。 日系企業では労働仲裁を必要以上に敬遠する
いいね 0
コメント 0
閲覧数 467
2016年05月30日
条文趣旨 内容要旨 挙証責任の一般原則 ●労働争議が発生した場合、当事者は自らの提出した主張について証拠を提供する責任がある。争議事項に関連する証拠が雇用単位により把握管理されている場合、雇用単位が提供しなければな
いいね 0
コメント 0
閲覧数 490
2016年05月30日
条文趣旨 内容要旨 労働争議仲裁の申請 ●労働争議において仲裁を申請する際の時効期間は1年とする。仲裁時効期間は当事者がその権利が侵害されていることを知った、あるいは当然知りえた日から計算する。 ●労働関
いいね 0
コメント 0
閲覧数 404
2016年05月30日
ツールバーへスキップ