一度入社した従業員には末永く働いて欲しいと願いますが、時にはやむを得ず解雇処分を取ることもあります。
会社の立場から正当な理由があると考えていたとしてもそれを証明できなければ思わぬ損害が発生することがあります。コチは従業員の解雇労働契約の解除において適切な措置を採ることをお勧めしています。

案件レビュー
張さんは2014年5月に某企業に入社し、双方は労働契約を締結しました。2015年9月に、この企業は張さんが企業の利益に損害を与えたため、規則制度に対する重大な違反を理由として、張さんを解雇しました。張さんは企業のやり方に納得できず、企業の労働契約解除が違法であるとして労働仲裁を申請しました。この仲裁の過程において、企業は一枚の書面による規則制度文書を提出しただけでしたが、張さんはこの規則制度の制定プロセスが合法でなく、労働者に対する公示も行っていなかったと主張しました。結果として、市労働人事争議仲裁委員会はこの企業が提出した規則制度を採用せず、張さんの請求を支持し、企業が張さんに労働契約違法解除の賠償金を支払うように、との裁決を下しました。

本案件中で、雇用企業は労働者の規則制度に対する重大な違反を理由として、過失性の解雇処分を与えましたが、仲裁は企業の請求を支持しませんでした。原因はどこにあるのでしょうか?企業はどうすれば良かったのでしょうか?

回答をお知りになりたい、また従業員の解雇を検討しているということがおありであれば、是非コチまでご連絡ください。
コチコンサルティングは、人事に関する問題への対応を専門的にご支援しています。

お問い合わせは下記フォームからどうぞ
http://cochicon.com/contact/