中国においても、企業には全従業員の1.5%の人員枠で障がい者の雇用が義務付けられいます。達成できない場合は、障がい者雇用保障金の納付が義務付けられています。 1.雇用契約 ① 企業が直接障がい者を雇用する場合、労働契約の締結が必要で
会員様のログインはこちらをクリックしてください