・中国では、改革開放直後は外資系企業には中国人従業員の雇用権が認められておらず、外資系企業向けに職員派遣を行う派遣会社が設立され、外資系企業の雇用の受け皿となってきました。 ・その後、外資系企業の駐在代表処・代表機構を除き、直接雇用が認め
会員様のログインはこちらをクリックしてください