下表は2015年の中国報酬ネットの離職率調査結果です。 主動離職(自己都合退社)と非主動離職(会社都合退社=解雇)があり、企業側理由による労働契約の終了(解雇)が増加傾向にあり、主動離職率は低下傾向です。ぶら下がり方人材の増加が懸念されま
会員様のログインはこちらをクリックしてください