中国では社会保険、教育等の公的サービスは戸籍所在地で享受することが基本とされています。改革開放後大都市への外来人員(非戸籍所有人口)の流入増加に伴い“暫住証”制度を経て、外来人員の一定の公的サービス享受を可能にするため、条件を満たした外来人
会員様のログインはこちらをクリックしてください