6月1日施行の条例では、深圳経済特区の居住証保持者が深圳市戸籍を申請できるとされ、詳細は7月中公示としています。 同条例では、家主または又貸し家主に対し、非深圳戸籍人材へ不動産賃貸をする場合の届出を義務化し、違反の場合の罰金(1,000元
会員様のログインはこちらをクリックしてください