2008年の労働契約法施行後、労働者の権利意識が急激に旺盛になり、労働争議仲裁件数が急増しました。 2010年をピークに増加率は低減していますが、労働者は安易に労働仲裁に提訴する傾向があります。 日系企業では労働仲裁を必要以上に敬遠する
会員様のログインはこちらをクリックしてください