条文趣旨 内容要旨 労働争議仲裁の申請 ●労働争議において仲裁を申請する際の時効期間は1年とする。仲裁時効期間は当事者がその権利が侵害されていることを知った、あるいは当然知りえた日から計算する。 ●労働関
会員様のログインはこちらをクリックしてください