条文趣旨 内容要旨 挙証責任の一般原則 ●労働争議が発生した場合、当事者は自らの提出した主張について証拠を提供する責任がある。争議事項に関連する証拠が雇用単位により把握管理されている場合、雇用単位が提供しなければな
会員様のログインはこちらをクリックしてください