社会平均賃金は社会保険基数の下限(社会平均賃金×60%)、上限(社会平均賃金×300%)として採用されるため、社会平均賃金の上昇は社会保険料の上昇にリンクし、雇用コストへ多大な影響があります。 【社会保険基数の変更の社会保険負担へのイ
会員様のログインはこちらをクリックしてください