高温手当に関する国家統一法規は『気温が35度以上に達した場合に、職場の温度を33度以下に調整できない環境で就労する人員に対して高温手当を支給すること。実施詳細は各地域の政策に基づく。』とされています。 【各地の高温手当】(2016年)
会員様のログインはこちらをクリックしてください