Question:

<事案>
日本本社からの出張者に対し、中国分社の名刺を渡して、営業活動を行いたいです。
・当該出張者はMビザ取得予定です。
・中国滞在は年間183日未満です。
・業務はあくまでも日本本社の業務であり、給与、出張旅費等は日本本社から支給されます。なので中国での個人所得税支払をしません。

Q.(1)上記の内容で、問題となる点(例えば、個人所得税の支払い、名刺を渡すこと)はありますか?
  (2)留意事項あればご教授ください。

Answer:
下記の内容をご参考ください。
●中国で個人所得税を支払わないことは、問題ありません。
ビザで中国に出張し、年間183日を超えない場合は、所得税を納付する必要はありません。
  (※所得税が発生する前提は賃金を支給することですので、上海分社所属ではない社員が所得税納税すれば、逆に問題があります。財務審査及び社会保険部門の審査対象になる場合に、その点を指摘される可能性が高いです。)

●名刺を渡すことは、問題ありません。
関連部門の審査は通常就業証ビザ労働契約、給与明細等を確認します。
そのため、上海分社から直接本人に費用や賃金手当を支給することは推奨しません。日本側経由で支払うことをお勧めします。