政府の所得倍増政策に基づき、最低賃金の上昇率は引き続き10%を超えており、昇給の指標とすべき数値の見定めは容易でありません。 また、外部市場との人材流動が旺盛な現状、市場動向を考慮しなくては、人材のリテンション、確保に支障をきたすのが現状
会員様のログインはこちらをクリックしてください